Doorkeeper

10/7【無料・オンライン限定】ゼロからはじめるGAS講座「メルマガスタンドを作ろう」

2020-10-07(水)19:00 - 22:00
オンライン リンクは参加者だけに表示されます。
申し込む
参加費無料
あと13人参加できます。

7人の参加者

すべて見る
4人のアカウント非公開の参加者

詳細

オンライン限定となりました。ZOOMで開催しますので、予めインストールしておいてください。

開催前にZOOMのURLをご案内いたします。

ZOOMで開催しますので、予めインストールしておいてください。
URLは前日、または当日にご連絡差し上げます。

Google Apps Scriptは、スプレッドシート間のデータ連携や、Gmail、Googleフォーム、外部APIなどを連携することができるスクリプト言語で、普段行っている業務を自動化させることができます。
また、プログラミング初心者が入りやすい言語であるため、プログラミングの仕組みや概念を学習することにも適しております。本講座では、ビジネスでよく使われるシーンにあわせたツールをご一緒に開発していきます。

■Google Apps Scriptとは?

Google Apps Scriptとは、Googleが提供しているプログラミング言語です。「Google Apps Script」の頭文字をとってGASと略されます。

・Gmail
・Googleカレンダー
・Googleドキュメント
・Googleスプレッドシート
・Googleスライド
・Googleマップ
・Googleフォーム

など、Googleが提供しているさまざまなサービスやツールを操作することができます。
また、GASは無料で利用でき、プログラミング言語に用いる開発環境の構築が必要ありません。

GASの利便性はなんといっても業務の自動化で、中小企業レベルのほとんどの事務業務がGASでカバーできます。
したがって、エンジニアではない人もGASを覚えることは大変意義のあるものです。

実際、「GASを使える事務職」と「GASを使えない事務職」であれば、前者を雇った方がいいですし、営業職であれ、マーケティング職であれ、財務職であれ、GASを使うことで、本人およびグループメンバーのパフォーマンスが何倍にも上がることになります。

【本講座の目的】

Googleドキュメントとスプレッドシートを連携したメルマガ配信システムを作る。

【アジェンダ】

・GASとは
・GASからGmailを送ろう
・Googleドキュメントとスプレッドシートを連携させよう
・GASでメルマガ配信システムを作ろう

Googleドキュメントに書いた内容をメール本文とし、スプレッドシートにある宛先一覧に自動メールを送るメルマガ配信システムが作れるようになります。

※本講座はテックジムGASコースの一部であり、実際はもっと機能充実の「メルマガスタンド」を作っていきます。

【講師エンジニア経歴】

・12歳でプログラミングに出会う(N88-BASIC)
・中高時代はBASICでゲーム, C, C++でツール作成
・大学ではC, C++でWindowsゲーム作成, PHPでweb開発
・新卒はPHP, Perlでガラケーシステム開発
・転職を経てシステム部長、ベンチャーでCTOを歴任
・Ruby on Rails, Pythonを習得
・それらと同時並行で2007年から個人事業主として受託開発
・2017年会社設立

【お持ち物】

・Gmailアカウント(予めご用意ください)
・ノートPC
※前日にZOOMのURLをご案内いたします。
 予めZOOMをダウンロードしておいてください。

テックジム東京本校

Python基礎コース(初学者対象・200時間で履修可能)と
AIエンジニア養成コース(現役エンジニアを対象)、
Ruby on Railsコース(副業向け)をご用意しております。

また近々に、ビジネスパーソンのニーズの高いGASコースをご用意いたします。

・平日夜の毎晩開催
・トレーナーは現役のエンジニア
・学生の月会費は50%割引
・会員の同伴参加は無料
・ピザナイトを月1で開催(無料)
・キャリア相談
・zoomでのオンライン対応

●詳細はこちら
http://techgym.jp/?p=22

コミュニティについて

テックジムと愉快な仲間たち

テックジムと愉快な仲間たち

「テックジム方式」とは、基礎知識なしでも、座学なしでプログラミングに専念できるように設計されたプログラミングのカリキュラムメソッドです。 優れたエンジニアの多くは、職業訓練学校や研修スクールで学ぶような学び方をしません。 作りたいものを作っていたら、自然に習得できているのです。そして、優れた指導者(メンターや師匠)との出会いがエンジニアとしてのプロフェッショナル性を高めます。 この自発性...

メンバーになる